通信制高校の学費のメリットについて

通信制高校の学費は高くない!?

通信制高校は学校に行かなくても単位が取れる形態のために、いじめや人間関係に悩む人や家の経済状況で高校に通うことができない人たちなど、さまざまな理由の人が通う学校です。今回は学費のメリットについて紹介していきます。

公立高校なら10万円前後

公立では3年間通ったとしても約10万前後で卒業できます。私立ではいろいろな条件で変わってきますが約30万から90万前後で卒業できます。私立では多少かかるお金は高いです。しかし、全日制と比べて毎日学校に行く必要がなく月に数回のスクーリングとレポートを出すだけで良いので時間の融通が効きます。その空き時間を利用してバイトをして学費や家の家計の足しにできるので、家が貧しくても自力で高校に通うことができるのです。

自分なりのペースで自己学習と授業を組み合わせられる

また、勉強の進めるスピードは基本的に自分で決められるので自分のペースで勉強が進められ、全日制などでは難しかったバイトとの両立も可能になります。
ただし、自分で自習の時間を作り勉強をしなければならないので、ちゃんとした目標や意志がなければ大変ではあります。自分では勉強のペースが作れないといった人たちは塾やサポート校などといった機関を利用するといった方法もあります。

就学支援金の活用で更に楽になりました

最近では就学支援金などの制度もでき私立の学費の負担も大きく軽減され更に負担が減りました。
このように経済的に貧しい人たちにとって通信制高校に通うメリットは大きくあります。しかし、それと同時に卒業率が低いのも事実としてあります。自分で勉強の計画を立てて実行していかなければならないのがかなり大変で、途中で挫折してしまうのです。
しかし、本当に学校に行きたいのに家庭の経済状況で通うのが困難な人は、最後までやり抜ける強い決意があればこの通信制高校は未来の大きな活躍の第一歩となるでしょう。