通信制高校の知識を教える本屋さん

通信制高校の社会浸透性

概要

高等学校通信教育とは、高等学校、中等教育学校の後期課程を通信過程で行われている教育の事を言います。
全日制と違い、毎日通学する必要がないことや、自宅や学校が指定している施設において学習していき、単位を取得することにより、学校を卒業することが出来ます。
卒業をすれば、高等学校卒業の資格が得られます。

入学者とは?

通信制高校は、15歳以上の者が入学できます。
また、高校を中退し、転学や編入学を希望する者の入学が多いです。私が通っていた高校の同級生でも、退学をし、通信制へ編入している人が結構いました。
精神的、経済的に高校への進学が困難な人や、芸能人などがよく通信制高校を利用しているように思います。

通信制高校の進学者の視点

私は、高校へ進学する際、通信制高校という形態の進学方法があることをはじめて知りました。
実際にパンフレットなども見たことがあります。
通信制のメリットは、自宅学習が可能なことだと思います。
しかし、デメリットもあると思います。
デメリットは、自宅で学習をまじめに出来る人にはいいかもしれませんが、サボると単位が取れません。そのまま放置してしまう可能性があるからです。
通学をしていれば、授業に出席し、授業を聞き、試験に合格していけば進学も卒業もできますし、通学をすれば、先生とも直接会話が出来ますし、友達もできて楽しいと思います。

通信制高校がおすすめな人

精神的な事情により、人と関わるのが苦手な人や通学するのがいやな人には通信制は最適なように思います。
しかし、私は通学制の高校へ行き、勉強だけでなく自己の成長や協調性など、多くの事を身につけることが出来ました。
よって私は、通信制の高校よりも、通学制の高校に進学して様々なことを経験できて良かったと思います。

新しい記事